愛媛県 松山市 ひさみつ歯科 歯医者 歯科医院 小児歯科 審美歯科 インプラント

小児歯科

子供の口の中は大人の口の中とは違い子供の歯が生えてきたり、大人の歯が生えてきたり、 顎(あご)が発達したりといつもダイナミックな変化が起きています。 子供さんにとって今何が一番必要なのかということを保護者の方と一緒に考え、対処し、 保護者の方が安心して育児ができるように努力させていただいています。

子供の歯に関する一般的な知識

年齢別に、歯の生え方や予防について教えてください。
乳歯の名前と生える時期 乳歯の名前と生える時期 まず0歳6ヶ月くらいからから1歳半までの間に前歯が生えてきます。この期間は哺乳瓶などでジュース等を与え続けることによって起こる“哺乳瓶う蝕”をはじめとして 前歯の唇に接する部分、歯の間…(続きはボタンからどうぞ)

子供の歯ブラシのコツ

歯が生え始めてきました。いつ頃から歯ブラシをさせたほうが良いですか?
歯が生え始めたらすぐです。歯ブラシは大人の方でもきちんとできてる方は少ないですので、お子さんに歯ブラシに成果を求めるのは少し厳しいです。乳幼児にはみがきをさせる意味は習慣づけ、動機付けのようないわゆる“しつけ”の一環として割り切ってお考え下さい。歯ブラシで遊ばせるのもひとつの手です。しかし虫歯予防につながるプラークコントロールは100%保護者の方の仕上げ磨きにかかってるといっても過言ではありません。
歯ブラシの方法
よく“子供が泣くので、仕上げ磨きできません。”とか“嫌がるのを無理にするのは、気が引けます。”とかおっしゃられる保護者の方がいらっしゃいます。たしかに保護者の方にとってはかわいいわが子のつらい姿を見るのは忍びないですし、お気持ちは十分理解できます。しかしそれができないせいでもし虫歯になってしまったら!…怖いですよね。乳歯は一度受けたダメージははえかわりの時期に影響してきます。つまりからだの方で早く追い出そうとするため早く大人の歯に生えかわってしまうのです。顎の成長が追いついていない時期に早期に交換することは歯並びはもとより健全な顎口腔系の発育に悪影響をあたえます。…もっと怖いですよね。きちんと仕上げ磨きしてあげれるようにまずなってください。コツとしましてはまず仕上げ磨きをする側に立つ方々が堂々とやさしくはみがきのときに接してあげるようにしてください。
“ごめんね、少し我慢してね。”とか“かわいそう”
とかネガティブな言動はお子様は敏感に感じ取ってしまい
“これは自分もいやなことだが、パパやママにとってもいやなことなんだ!泣いてしまえ!”
お子様は泣くのが仕事ですから意思表示のサインとして泣いたり、暴れたりを繰り返すようになります。やる側の方々が自然に優しい気持ちで接して仕上げ磨きをしていると、自分から必ず口を開けてくるようになります。
具体的な方法としましては、しつけとして歯ブラシをさせたあと、ベットの上でもかまいませんので膝枕をしてあげます。そして清潔なブラシの部分の小さな歯ブラシを水で少し湿らせて、歯ブラシの毛先を意識してこまめに磨いてあげてください。低濃度フッ化物配合のジェル(お口をゆすがなくて良いタイプのもの)を使われるとより効果的です。

食育について

食育とは何ですか?虫歯予防にとって大切なものですか?
食育(しょくいく)とは、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、 健全な食生活を実践することができる人間を育てることです。 2005年6月に施行された食育基本法においては、生きるための基本的な知識であり、知識の教育、 道徳教育、体育教育の基礎となるべきもの、と位置づけられています。単なる料理教育ではなく、 食に対する心構え、栄養学や 伝統的な食文化についての総合的な教育のことです。 虫歯という特定の疾患にかかわらずより良い口腔機能の発達はもとより良い顔貌づくり、 脳神経系の発達にもきちんとした食習慣は重要です。 決められた時間にきちんとおいしく楽しくよく噛んで食事をする。 言葉にすると簡単なことだけど大切なこと忘れないようにしたいです。

小児矯正について

子供をできるだけかわいい顔にしたいのですが
乳歯から大人の歯にスムーズかつ機能的に交換していけるように当院では床矯正をはじめとした矯正治療の第一期治療を重要視しています。 咀嚼訓練、リップトレーニングなどの機能訓練による発育促進、急速拡大床などの床矯正装置による萌出スペース確保など、 “良い顔作り”の立場に立った矯正治療をしています。

母子感染について

母子感染はどうやって起こるのですか?
出産時、産道を通過するときに起こります。ですから生まれてくるお子さんの口腔内の常在細菌叢 (どの菌をどのぐらいの割合で持ってるか、ばい菌の内訳のことです。)は、 おかあさんに似通ってるといわれています。もちろん例外もありますし、 お母さんが虫歯が多いからといってお子さんも虫歯になりやすいというものでもありません。 今研究されています虫歯や歯周病のワクチンの開発が待たれるところですね。

妊娠

妊娠時に注意することは
通常のお産に関する注意事項となんら変わりありません。胎生期に母体が長期にわたり消耗性疾患を患いますと、 乳歯に形成不全の部分が発現したりします。健康管理をきちんとして元気なお子さんを出産してください。

ページの上部へ

- - - - - - - ★ ★ ★ - - - - - - -