愛媛県 松山市 ひさみつ歯科 歯医者 歯科医院 小児歯科 審美歯科 インプラント

床矯正について(その由来)

床矯正の「床」とは入れ歯のことです。1935年ウィーンの歯科医師Schwarz・シュワルツが顎を拡大する床矯正〔しょうきょうせい〕の基礎を樹立しました。背景にはナチス・ドイツが歯科医療に貴金属の使用を禁止したという背景があります。そのため貴金属の代わりに入れ歯を固定源にすることで、歯を動かしたり、あごを拡大したりする装置が考え出されました。

この床矯正は主にヨーロッパで行われた治療法です。現在のところ日本では、アメリカの矯正治療法が主流になっています。日本では可撤式床矯正(かてつしき・しょうきょうせい)と呼びます。

矯正治療の3つの考え方

矯正治療は外科的矯正、補綴(ほてつ)的矯正、保存的矯正の3つの違った立場で治療します。

外科的矯正(従来の矯正歯科
抜歯や骨切りなど手術をして歯列を小さくすることがことが基本の治療
補綴的矯正(審美歯科)
失った歯を人工的に補う(詰め物やかぶせ歯)、見た目の形を歯をけずってかぶせることによって整える治療
保存的矯正(床矯正)
歯列を広げ、できるだけ歯を残す治療

保存的矯正(床矯正)の考え方

保存の立場の矯正治療では、歯を抜くのではありません。顎を拡げることによって(正しい顎の大きさに戻して)歯の移動を行います。

入れ歯を「床」と呼びます。床装置は要ればと同じで、簡単に取り外しができます。床装置は入れ歯に組込まれたネジを拡げることで、アゴや歯を動かします。

外科を基本とする治療の例

抜歯をした子供の歯。子供にとって左の写真のような状態にするのは残酷ともいえます。

補綴を基本とする治療の例

補綴の矯正治療では、歯を削って、アゴと歯のバランスを作ります。治療は早く終了し外観が良くなりますが、健康な歯を削るのは歯科医師にも抵抗があります。

ページの上部へ

- - - - - - - ★ ★ ★ - - - - - - -